赤ちゃんに優しい洗剤は?いつまで赤ちゃん用洗剤を使う?必要性とおすすめ

赤ちゃんに優しい洗剤は?いつまで赤ちゃん用洗剤を使う?必要性とおすすめ妊婦生活

赤ちゃん用の洗剤は必要なのか?必要ではないのか?

気になるところですよね。

今回は、赤ちゃん用の洗剤は必要なのか、必要ではないのか?について掘り下げていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃん用洗剤は必要?その理由

赤ちゃん用洗剤は必要か、必要な理由

 

赤ちゃんの肌ってとってもかぶれやすいですよね。ちょっと汗をほっといたり、汚れちゃったり、おむつを替えるのが遅いだけで・・・。

赤ちゃんの肌はそれだけデリケートってこと。

赤ちゃんに着させる服、長く身につける物は特に注意しないといけません。

 

最近の洗剤ってとてもきれいになりますよね!?洗剤のCM見ていたら、落ちない汚れはないレベル(笑)

それだけ洗浄力が高いんだなということが簡単に分かります。

そこでちょっと不安になるんですよね。

それって赤ちゃんにとってはどうなのかな~、大人用の洗剤と一緒に赤ちゃんの服も洗っていいのかな~。

 

赤ちゃんの洗濯洗剤で気をつけるべき成分は3つあります。

  1. 界面活性剤
  2. 蛍光増白剤
  3. 香料

この3つです。

 

気になって、以前使っていた洗剤を調べてみたところ、

大人用洗濯洗剤成分一覧

 

界面活性剤・アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、水軟化剤、漂白剤、蛍光増白剤、酵素が含まれていました。

何も知らなければ気になりませんよね。

 

界面活性剤には、普通混じり合わないものを混じり合うようにする役割があります。油と水は普通交わりませんが、この界面活性剤のおかげで、油と水が混じり合って油汚れが取れます。

普段だったらとても感謝なのですが、赤ちゃんへの影響を考えるとちょっと心配に。

肌を守ってくれているセラミドは、洗浄力が強い界面活性剤に洗い流されちゃうこともあると言われているから。

 

蛍光増白剤には、洋服を白くするための成分が入っています。(濃い色の洋服に使うと、まれに色が抜けてしまいます。)

ヒトの健康に対して影響を及ぼすリスクは低いことがわかりました。

引用元:日本石鹸洗剤工業会「蛍光増白剤の ヒト健康影響と環境影響に関する リスク評価の結果について

とありました。リスクが低いということなので、「0ではないんだな~」と。

できることなら洗剤は選んで使うことが必要、赤ちゃんにあった洗剤を選ぶのが無難ということが分かります。

・赤ちゃんの肌はデリケート
・余計な成分が入っていない物を選ぶこと

 

大人用の洗剤ではダメと思っていましたが、そうではなくて、「成分に気をつけて洗剤を選ぶと自然と赤ちゃん用のものを選ぶ傾向がある」というのが正しいようですね。

いつまで赤ちゃん用洗剤を使う?

固形石鹸

 

1歳までは分けた方がよいという意見もあったのですが、色々調べてみても、根拠となるようなデータが見つけられなくて・・・。

担当の病院の先生に質問してみました。

エッチャン
エッチャン

赤ちゃん用洗剤っていつまで使った方がいいですか?

いつまでという決まりはありませんよ。個人差もありますが、大人用の洗剤も肌に以上がなければ使っても大丈夫です。

 

肌の強さには個人が差出ますから、肌の弱いお子さんであれ、赤ちゃん用の洗剤をある程度使った方がいいかも知れません。

 

大人用の洗剤に切り替えてみたときに、肌に影響がないようなら1カ月後でも大丈夫です。

 

洗剤も大事ですが、どんな洗剤でも、きちんと洗い流していなかったら何でもダメです。

皮膚が弱い、アトビーがある子のご家庭では、 すすぎを多くすることをおすすめします。

その他にも聞いたことをまとめてみると。

・赤ちゃんの洗濯に柔軟剤は必要ないこと。ただし、柔らかさを求めたいなら少し量を減らして使ってみる。

・肌に問題が起きないのであれば、その洗剤を使い続ける。こまめに替えないこと。

・花粉の時期などは外に干さないようにすること。洗剤とは関係なく肌が荒れることもあるから。

・すすぎ時間を長くすることで洗剤をしっかりと落とすことができる。(←これを3回くらい言われていました)

普通の洗剤はいつから使って大丈夫?

赤ちゃん用洗濯洗剤で洗ったローブをまとう赤ちゃん

 

洗剤はいつから大人と一緒のものを使っていいのか気になっていました。

先生の話を聞いていて、赤ちゃんの肌の様子に合わせて大人用に切り替えても大丈夫なことが分かりました。

時期に決まりはなさそうです。

ただし、大人用の洗剤に切り替えるにあたって気をつけることがいくつかありました。それは、いっぺんに全てを替えないことです。赤ちゃん用の洗剤から大人用の洗剤の洗剤に替える、柔軟剤を入れる、大人の洋服と混ぜて洗うなど。

いっぺんに色々と条件を変えてしまうと、何か赤ちゃんの肌にトラブルが起きたときに、原因が分からなくなってしまうからなんだそうです。

大人用の洗剤に替えるなら、洗剤だけ。さらに、洋服だったら、1・2枚試しに洗ってみて、赤ちゃんに着させて、反応を見てみる。

これで問題がなかったら、進めるという方が安心ですね!

赤ちゃん用洗剤 おすすめランキング

赤ちゃん用洗剤に囲まれる赤ちゃん

 

洗濯洗剤は主に粉、液体と大きく分かれます。

洗濯機の種類(ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の2つ)と洗剤で相性は特に気にする必要はありませんが、ドラム式だと、使用する水が少ないため(ドラム式のいいところではありますが)粉洗剤が溶け残りやすいのも事実です。

特に冬場は水の温度が10度以下になり粉洗剤が溶けにくくなるので注意! お湯で溶かしてから洗濯機の中へいれればOKです。

洗剤についてですが、液体洗剤で洗浄力が高いものにしたいなら弱アルカリ性の洗剤を選ぶのがよいかと。中性は洗浄力が幾分落ちますが、素材を大事にしてくれます。

 

<液体>

商品情報

参考価格:830円

メーカー:シャボン玉石けん

液性:弱アルカリ性

成分:純石けん分

特徴:着色料、香料、蛍光増白剤、界面活性剤を使っていません。ちょっと高い気もしますが、洗浄力抜群なのに無添加。

匂いもいいぜ~とまではならないのですが、安全・安心かつ納得の洗浄力なので、私の中ではNo1.一番使っていて気持ちがいいです。

 

商品情報

参考価格:523円

メーカー:ピジョン

液性:弱アルカリ性

成分:純石けん分

特徴:植物原料100%、無着色、無香料、無リン、無蛍光剤なのがいい! それでも汚れをよく落としてくれるから驚きます。

うんちなどの強い汚れにはつけおきしておけばきれいに落とすことができます。香りつきを求めている人には合わないかも知れません。

私は、大人にとっていい香りでも赤ちゃんにはそうではないかも知れないので、香りなしを選んでいます。他の洗剤に比べて若干割高か。

 


 

商品情報

参考価格:523円

メーカー:太陽油脂

液性:弱アルカリ性

成分:純石けん分

特徴:合成界面活性剤、リン酸塩、蛍光増白剤、酵素、着色料は無添加! マカダミアナッツ油などの植物油脂が原料の洗濯用液体せっけんです。合成洗剤が合わない場合には買いの一品。これだけ優しいのにきれいに洗えて、洗い上がりはふっくら。

 

<粉洗剤>

商品情報

参考価格:3702円(600g×3個セット)

メーカー:ライトウェーブ

液性:弱アルカリ性

成分:純石けん分

特徴:洗浄液の中でメダカが泳げる!と言われるほど安全。主成分は重層で、もちろん、界面活性剤、漂白剤、香料、蛍光増白剤など無添加。ほぼ無臭で、部屋干しもできます。肌に優しいし、洗浄力も抜群かつ無臭。粉系の洗剤ならこれで十分。最強の1点

ちょっと高いんですが、生後半年くらいまでと期間限定で使えばよいのでは。

赤ちゃんに優しい洗剤は?のまとめ

赤ちゃんに優しい洗剤であらった服に顔を寄せる赤ちゃん

 

独身時代、洗剤を買うのに悩んだことなんてありませんでした。特売で売ってるを買う(笑)だったのですが、赤ちゃんに使うとなると、それはそれは異常なほど調べました。

今回のまとめとして、

赤ちゃんに使う洗剤を選ぶポイントは、

・界面活性剤
・蛍光増白剤
・香料

など余計な成分ができるだけ入っていないものを選ぶことです

洗濯のときに大切なことは、

しっかりとすすぐ

です。

全ての人に合う洗剤は難しいと思いますが、それぞれの人に合う洗剤はあると思います!

みなさんが安心して洗濯ができることの助けになっていたら嬉しいです♪

それではまた~!

タイトルとURLをコピーしました